ごあいさつ

  

 幼児期には「安心して生きていける」という信頼感を育てたいものです。

 幼児期にたくさんの経験や喜怒哀楽を経験して、子ども同士、また子どもを取り巻く大人達が支え合う環境の中で、その信頼感を身につけていきます。そして信頼感は人生の「根」となります。

 幼稚園にある高いけやきの木。光や空気や土や水が時間と空間の中で関係づけられて、雨風の中を支える目に見えない広く深い根がゆっくり育つのです。

 子ども達の人間形成もこの根づくりに似ています。

 銀の鈴幼稚園では仏教の教えが伝える「縁(えん)」のかけがえなさの中で、子ども達と共に生き、育ち合うことを願っています。日だまりのような温かいふれあいを目指して、私達教職員は幼稚園生活の中で子ども達に向かい合い、毎日の幼稚園生活の充実に努力してまいります。

 

                      銀の鈴幼稚園 園長 五島 満